2012年3月28日水曜日

「死を覚悟する」と「今を生きる」は同じニュアンス




631 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/28(火) 23:53:22.77 ID:nPExnwUi

かなり昔にテレビでやっていたのだが、飛行機が墜落しそうになったか、あるいは
ソ連領空に入って撃墜されてもおかしくない状態になったか、詳しくは忘れたが、
とにかく飛行機が落ちそうになって機長がそのことをアナウンスした後に
乗客が周りの他の乗客を撮った写真をテレビで放送していて、

その時乗客はパニックになっていたかというと、そうではなかった。
むしろかなり落ち着いていた。
死が確実になり完全に希望が絶たれると絶望もなくなって
肝が据わるということなのかも知れない。

で、その写真がテレビで公開されていたわけだが、要するにその飛行機は落ちずに済んだのだ。
しかしおそらく乗客の様子からして、仮に落ちて死んでも良いという心境には
なっていたのではないかと思う。

短時間ではあろうがおそらく一時的にエゴが停止して幻想が消え真実を見たのではないかと思う。


636 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/29(水) 01:23:13.61 ID:Wv3uxuZ6

「死を覚悟する」ってなんか「今を生きる」と同じニュアンスに感じてきた。
なので「いつ死んでも構わない」って心から言えるまではプロセス続けたいと思います。
そして、これからはもっと物語のある人生の演出をすると同時に、
迫真の演技でみんなを驚かせたいです。マネゲ万歳


642 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/02/29(水) 11:08:33.65 ID:FJJ1fk3y

ああ、俺死ぬんだなって悟ったときには、肝が据わった状態になるらしいな
そのときは死への恐怖が消えてるっぽい
ということはだ、死ぬかもしれないと騒ぎ立てるエゴが恐怖の発生装置であって、
そのエゴが諦めちゃった=装置停止したら、もう恐怖も無くなるということなのかもな

あとはたぶん、身体の痛みはあり続けるかもしれないし、
自分のエロHDDを見た家族の行く末など心配事も残ったままになるだろが、
自分の身体や名誉を守ろうというエゴの声は小さいか全く無いという状態になるのではと想像する


             Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿