2017年9月15日金曜日

自分さん15 願いは常に叶っている。今夜はこの話を伝えよう。



Sponsored Link

432 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:ILUJosexk
空気を吸い、吐き出す。
我々は世界に受け入れられているから、存在しているのだ。

あなたは世界に受け入れられているのだ。これを覚えておきなさい。
どんな状態にあっても、どんな馬鹿な思いが脳裏を巡っていてもちゃんと呼吸ができる。
それは「存在」に、取って付けたその場限りの概念は何の力も成さないということだ。
これが存在が素晴らしいということだ。

あなたの見えている世界の誰に嫌な思いを与えられても
あなたの見えている世界でどれだけ経済苦に陥っても
あなたは存在を与えられている。世界に受け入れられているのだ。

だから堂々と生きればよい。
他者や社会の目など一切気にせず自分視点で存在をすればよい。
世界が認めている当然の約束である。


433 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:ILUJosexk
スピリチュアルは二手に道が分かれている。

このスレッドを見ていたり、多くの人は
今の人生にマジカルなスパイスを求めているのだと感じることが多い。
確かにすべては神秘だ。

そもそも空気ってなんなのだ?見えない上に触れない。
科学という解釈の上で、洗脳的に「それが空気です」と教えられてきただけで
実体がなんなのか、考えてみればわからない。

息を止めれば苦しいが、本当に苦しいのか?
そもそも苦しいってなんなのだ?
苦しいというのは、苦しくないがあるから、苦しいのだろう。

だが「苦」とはなんなのか。
それは我々が植え付けらたように本当に「ネガティブ」なものなのか?
ではネガティブとはなにか? 

ポジティブがあるからネガティブがある。
なぜ分ける必要があるのか。体感的な快楽を基準にしているのなら
どういう選別でポジ/ネガを判断するのか。
過去の記憶なのか?

記憶が基準ならば人それぞれ、そして人生のタイミングに置いては
ポジ/ネガが逆転するということだろう。
では具体的な定義はないということだ。

大腸の画像を見てほしい。腸に走る毛細血管と天空を切り裂く稲妻の閃光。
渦巻き型の銀河の画像を見てほしい。銀河星雲とカタツムリの巻き方。
樹木の画像を見てほしい。枝分かれした樹木と衛生から俯瞰した河川の映像。

それらは非常に似ている。まるで同じもののようだ。
だがなぜ似ているかは解明されていない。
この世のすべてはシンプルだ、遥か彼方のものと身近なもの。同じである。

運命の出会い。たまたま昨日読んだ恋愛コミックと
同じシチュエーションで異性との出会いを体験する。
よくある話だ。似たように一見不思議なタイミングを痛感する場面は多い。
シンクロニシティ、

だがよく理解を深めてほしい。
それらが「神秘的」「不思議」「偶然」と思い込んでいるからそうなるのだ。
それらがごく当たり前のものだと認識したとき、あなたは世界のすべての出来事が
「ただ浮かんでいるだけ」 ということに気付くだろう。

そして、出来事に囚われなくなる。すべては勝手に訪れるものであり、
そもそも、自分が認識している時点で「所有」していることがわかり、求める必要もなくなる。
近づくものは、勝手にやってくる。


それはあなたのいまの暮らしを見てみればわかるだろう。
そう、勝手にやってくるのだ。


434 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:ILUJosexk
神秘も当たり前も、あなたの世界にただ在るだけのこと。
それらが勝手にあなたの五感に生まれは消え、繰り返しているだけだ。

あなたがおしゃれに目覚めたとしよう。
だがそういう「おしゃれに目覚めた」という思考が生まれただけであり
あなた個人が積極的に目覚めたわけではない。
突然部屋の壁に出現したゴキブリと同じである。
突然鳴りだした電話の呼び出し音と同じである。

何事も、突然、そして唐突に生まれる。
そして無に消え去っていく。

神秘を感じることも、あなたの知覚にただ「神秘を感じている」だけである。
それが神秘とかそういうのは正直関係ない。
なぜなら神秘と捉えればすべてが神秘であるからだ。

スピリチュアルのもうひとつの道とは
三次元的な解釈「人生の応援メッセージ」である。

相田みつを氏の文章のように、または感動的な訴えを含んだ映画のように
ただ、苦しむあなたへ「こうすればいいよ」的なアドバイスを与えるものが
スピリチュアルの側面である。

さて。
マジカルで神秘のベールとして捉えるか
それとも、人生の応援メッセージとして捉えるか
どちらから入っていくもそれぞれである。

ただ、すべては神秘であり、すべては「それらがなんなのか」わからないところに我々はいる。
それを神秘と認識していないから、書籍等を読むことで神秘の片鱗を感じているのは
あなたが人生で「何もみていない」からである。
あなた自体もそもそも何なのか、理解は不能だろう。

あなたにまつわる人生の流れも、そもそも基準やルールがあるのかも不明だろう。
「理解」も「基準」も「ルール」も、すべて含んだひとつの総合体があなたの生きる世界であり
その世界こそが、あなたのである。だから世界を大事にしなさい。
すべてに意味がある。意味があるというのは、すべてあなたを構成している欠片であるということだ。


435 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:ILUJosexk
最後に。

上で「死」はあなたのセーフティであると書いたが
いまいち理解していない人が多いようだ。

ならば余命一日、明日死ぬと思いなさい。
あれこれ思考の脂肪で重かったものがシェイプアップされるだろう。
そしてなにより死を認識することで ただ生きていたことがどれだけ良いものなのか
浮き彫りになってくるだろう。なぜならば死とは生との対極、それでワンセットだからだ。

頑張っても良かったし、頑張らなくても良かったし
成功しても良かったし、失敗しても良かった。
おいしいものも食べたし、まずいものも味わった。
好きなアイドルのポスターも貼ってたし
趣味に無駄使いもしてきた。
ただただ、経験をしてきたことが「死」と直面したときに
どれだけ素晴らしかったのかわかる。

「正しく生きる」「成功して勝つ」ことなどまったくどうでも良いことであり
単に生きていて、退屈を感じてた日もあり
近所のおばちゃんと挨拶をした瞬間もあり
そういうことがとてもキラキラしていて奇麗だったことが
死を目前としたときに見えてくるだろう。

あなたを焦らせるものに必死に対応や抵抗する必要もない。
失敗したり、全部失っても、そういう体験があるだけ。
ただ呼吸をして生きているだけで、あなたが死を迎えるときに
「ああ生まれてきてよかった」と

「悟れる」のだ。


462 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:fimkJ3H1
願いは常に叶っている。今夜はこの話を伝えよう。

あなたが「手に入れた」とは、どういうことなのか。
それがお金であったり異性であったり物であったりするわけだが
多くの人は「自らの所有」となったときに手に入れたと考える。
では所有とはなにか。ダグラスハーディングの言葉を借りれば
あなたの世界にそれが現れた時点で、それが所有なのだ。

彼の著書にも似た話があるが、例えばあなたがタクシーに乗ったとしよう。
目的地について請求された料金の高さに驚いたとする。

だが、あなたの為にそのタクシーがあり、
そのタクシードライバーがその日あなたを乗せるために人生があり
車というものが考案、製作されその歴史があり、
つまりあなたのためだけにあなたのひとときの便利さだけの為に、
それらが存在しているとなれば2メーター 1080円は何が高いのか。

目の前を異性が通る。それだけであなたの人生の所有ではないのか。

これを理解、納得しなければ、あなた方は堂々巡りだろう。
だがそれも「堂々巡り」を得られたのだ。ハッピーではないか。


463 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:fimkJ3H1
何かを引き寄せるマジックなんかを求める必要はない。
現状を、理想の状況に転換させることに四苦八苦する必要もない。

プラスもマイナスも、それを認識できる土俵があっての話である。
土俵とは言うまでもなく、あなたの世界だ。
つまり、あなたの世界でしか、正解一の美女もスーパーカーも
希望も絶望も涙も、何も存在できないのだ。

あなたの世界とは、つまりあなたである。
引き寄せも、そういう「お話」があなたの世界に在るだけのことであり
それ自体はなんの力も持たない。

成るように成る。ただそれだけである。
それに身を任せればよい。

何か行動が必要なときは、あなたは行動しているだろう。
ただそれだけだ。

だから「悩み」や「不安」は無駄なものである。
何の力も持たない。
つまりすべては何の力も持たないのだ。

「流れ」しかない。

そして「流れ」こそが、本当の自分とわかる日が来る。
すべてを受け入れるということは、自分を知るということだ。

流れに身を任せなさい。悩んでも悩まなくても、行き着く先は同じである。
なぜなら、それがあなただからだ。


464 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:fimkJ3H1
いつも書いてるが、
あなたが普段自分と思っている以外のすべてが「自分」なのだ。


465 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:fimkJ3H1
「流れ」とひとつになりなさい。
「状況」とひとつになりなさい。

いまあなたが置かれている状況、
つまり経済苦や孤独など、それとひとつになりなさい。
それがあなただ。
あなたは経済苦で孤独であり、それこそがあなたのだ。
それ自体になってしまえば、苦しみはない。
そして、今度は経済的な安心や結婚など、そういう出来事が起これば
それもあなただ。それとひとつになりなさい。

現状、状況こそが、あなたである。
いまこの瞬間こそがあなたである。
目に見える「物」、明日の予定を考える「思考」、
現在抱えている「苦しみ」それらすべてが「あなた」である。

よって、三次元的なあなたがどうにかできる問題ではない。
問題は決して解決できない。

解決できるのは、「流れ」である。
流れとは、本当のあなただ。

覚えておきなさい。
では今日もいってらっしゃい。


             Sponsored Link
Sponsored Link

2017年8月26日土曜日

自分さん14 思考が生まれる前に常にフォーカスをしていれば、快楽状態に気付く。



Sponsored Link

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:fmJv2pwh
必然(運命・計算されたモノ)だったというのは、およそ分かります。
もし自然(ランダム)だったら、おそらくシッチャカメッチャカかも。

快は運命遂行の役割を果たしてるのかもです。
自分が以前に言ってたんですが、「痛いときに気持いいって思えば良い」ということ。
この、発展バージョンなのだと思います。
この快こそ我々を運命へと誘うために、
神が仕掛けている、催眠誘導なのだと思います。

この世はあの世(広義の意味での全体性)の映しだと云われてますが、
この世にある、他者催眠誘導も、あの世の生業の一つを醸し出してるんだと思います。
そして、この他者催眠と同じように、 人が運命を遂行するに当たって、
快の方向へしか行為が出来ないようように、 神は人間に、催眠術を掛けてるのかもですね。

だからつまり、この快を造り出すということが、
他者催眠の決め手というか、真髄なのだと思います。
そして、この快製造暗示を自己暗示として、自らが自由に行なえるようになれば、
まさにそれは、自らが運命変更を行なう事でもあるのかも。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え !? (ーー;)



399 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:yGuXYTJz
>>398
>痛いときに気持いいって思えば良い

あなたの見解がそうであるならば、そうなのだろう。

だが私は 何らかの感情が生まれた時点で、
それを味わおうとすることの快楽について述べている。
痛いや気持ちいいは、思考による産物だ。
その思考が生まれる前、つまりアクションが発生した瞬間の快楽である。
そこに常にフォーカスをしていれば、人は快楽状態に気付く。


これは催眠でもなく、ただ単純に誰もが常に起こっている出来事だ。
だが、快楽の後の思考(過去の記憶など)へ結びつけてしまい
結果、苦しみとなる。


401 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:yGuXYTJz
派手な暮らしを送っていれば、派手なトラブルが付きまとう。
お金を最大限節約する暮らしを送れば、常に質素な生活を受け入れる必要がある。
あることを享受すれば、それと同等の責任を追う。
ラジニーシはこれをコインの表と裏に例えている。

自由に生きている人ほど、制約を背負っているものだ。
幸せな家庭生活を送るには、同等の支える努力が必要だ。

片方だけを求めることはできない。
だからキリストは言ったのだ。「世界を制覇しなさい」とね。

世界を制覇する、とはコインの表裏を受け入れるということだ。
大きな利益を生む仕事をしていれば、大きな負債を追うこともある。
両方同時に受け入れ、そしてその両方でひとつであることを理解できれば
あなたは世界を制覇したのだ。


402 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:yGuXYTJz
つまりコインそのものになる。


403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:fmJv2pwh
>>390
分けの分からぬモノを、概念を持ってして語るとなるとなれば、
パラレルワールドは運命というモノと、同じなんだと思われます。

運命などとは初めは知る由もなく、 事が及んで初めて、
それを運命だったと定義付けるわけでして、 だからそれは、無いのと同じではないかなと。

パラレルワールドもまた、毎瞬の思考(世界)が積み重なって在るだけなのに、
それが分からないので、一続きのこの世界が在るように思っている。
だからこれも、思考では分からないため、無いのと同じことになるかも。


405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:fmJv2pwh
>>403の続きとなりますが、
もしスピ的にいうなら、 意識に浮かんだ(言葉に介した)運命というものは、
二元性であり、実はこの世(主観世界)だけのもの。
本来の自己(無)という太極からみれば、無いのと同じことであり、
パラレルワールドもまたこれと同じく、 我々の思考が介在して初めて存在するのかと。

だから、在ると思えばあって、無いと思えばなくって。
と言う事は、三次元世界では、運命(世界)は変えられる。
とまあ、こう言う事が言えるんではないかなと思いますハイ。



406 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:yGuXYTJz
>>405
>三次元世界では、運命(世界)は変えられる。

変わるのは世界ではなく、あなただ。
あなたが変わることにより、世界の見え方、感じ方が大きく変わる。


407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:fmJv2pwh
自己を客観的に見るのも、受け入れて一体に成るのも、
そこに自覚があるなら、それらは自己観照(本来の自己を知る術)と言えるでしょうか。
禅の公案もまたしかりで、解けぬ問い(思考)で答え(思考)を放棄したとき、
そこに本来の自己を見出すのだと思われます。

でも、鐘の音を聞いて悟りを開いたとかなんとかもそうですが、
言わばこの世の事象や物象など、すべてには公案が孕んでるのだと思う次第です。
でもそれらが考案と成るには、常に自己を観照しているという自覚が大事だと思われます。
マインドフルと言うのは、別の言い方をすれば、公案ということでもあり、
実は、その裏にその行為を観照している処の、
本来の自己を見出すための、方便なのかもです。

すべてが公案というのは・・・・・、
この三次元は主観(我が観念)の中にあり、
すべての事象は、この主観によって、我の目に映し出されているのなら、
「事象=主観(我)」と言う事に成るかと。
そして、無意識に潜んでいるこの主観(我)を見出すためには、
今こうして現われている事象を見つめた方が、より分かり安いのではないかと。

それを、マインドフル(注意集注・無我夢中・無念無想)というような
無葛藤(安らいだ)状態で見ることは、まさに事象を自覚することでもあり、
やって見れば分かると思うのですが、それは又、主観(我)を自覚する公案でもあると思います。
そうやって、やがてその背景に在る本来の自己を、見出すのだと思うわけです(アハ体験?)。

早い話、このようなマインドフルに在ろうとするのは、アハ体質?に在ろうとすることだと思います。
でもまあ、こう言う事に納得したとしても、最後はやはりやる気の問題かなと。
実は、我々の興味が、今一なのだと思うわけなのです(嗚呼)
http://mushk.blog.fc2.com/blog-date-201202.html



408 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:3GtUkpy3
>>407
そのように難しく考えれば、あなたにとってそうなのだろう。
だが、雨の日に雨の音が聞こえる、つまり「音がある」ただそれだけのことだ。
音があるという、よく考えてみれば不思議なことに気づけば
あなたが感じるすべてが、それまで当たり前に感じていていたすべてが
なんとも不思議であると理解できるだろう。

そして、あなたは世界に受け入れられ、
そしてその中で愛され生きていることが見えてくるだろう。

ある画用紙に絵が描いてある。
多くの人はその「絵」をフォーカスするが、画用紙という土台があるゆえに
いくらでも「絵」という幻があるのだ。

ちなみスピリチュアルも私が日頃伝えている内容もマネゲ本も
すべてあなたの世界、あなたの人生の中の単なる「出来事」である。
それは「絵」であり、画用紙は、あなたの人生である。

だからどんな「人生のコツ」が現れようが
どんな「幸福」や「不幸」「好奇心」「感情」が現れようが
あなたが人生を終わらせば、すべて消滅する。
だからすべてがあなただけに用意されたスペシャリティなのだ。

あなたを持て成すために
テレビのアイドルもいれば、カッコいいブランドもあり高級外車もあり
夢や理想や不幸や天気があり
つまりすべてがある。

それら全部があなたのためなのだ。
だから追求は何の意味もない。

それに気づくときあなたは理解するだろう。
「エゴは概念だ」
これすらも、あなたの中の単なるイベントである。


409 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:3GtUkpy3
見たまま聞いたまま、感じたままが「すべて」である。
そして「あなた」である。

つまりすべてがあなたなので
何の意味もない。

「あなたがやめれば、終わるだけだ。」

このシンプルな意味を多くの人は理解できない。
きっと何か意味があるんだろうと追求する。

だが、あなたが意味があると思えば、あるのだろう。
そしてあなたが意味がないと思えば、ないのだろう。

つまり「あなた」がすべてなのだ。
コツも教えも、悟りも、すべてあなたの中だけのお話なのである。


あなたが右を向けば右が見える。
ただそれだけだ。繰り返すが、このシンプルな意味を多くの人が理解できない。

あなたが右を向いたから、右の世界が用意され、あなたに見させることができたのだ。
スピリチュアルではこのように書かれる。

一体何が違うのだ?
すべては捉え方である。

ひとつ決定的なのは、あなたが死ねば、
あなたが感じていた世界は終わる。感じることはできない。
つまり世界はあなただったのだ。

わかりやすく言えば、何がどうあろうが、それがあなたの人生だ。
スピリチュアルに手を出しても出さなくても、あなたの人生だ。
ただ淡々と過ぎていく。それがすべてである。


410 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:3GtUkpy3
以前も書いたが
死はあなたを完璧に守ってくれる最高のイベントである。

だからやりたいことをやり、好きに生きればよい。罪悪感など捨て去りなさい。
どのように生きようがいずれ必ず死が訪れる。完璧である。
死があなたを守ってくる。


             Sponsored Link
Sponsored Link

2017年7月29日土曜日

自分さん13 すべての感情は快楽なのだ。そこに気づきなさい。



Sponsored Link

358 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:4cFYjsMb
今夜はとっておきの「秘密」をお伝えしようか。
これはまさに奥義である。

あなたの感情はなんと、あなたの中にすべてあるのだ。

つまり嫌な上司に苛立ったとする。
あなたは上司から苛立ちを与えられたと感じている。

違うのだ。
あなたの中の多彩な無限の生み出す力により そのいらだちは最初からあったのだ。
上司との出会い、交わした瞬間により あなたはそれを自ら生み出した。
というより、出て来れる切っ掛けが出来たのだ。

以前にも書いたが、あなたがいまサッカーに興味があり
5年後にはサッカーに飽き、テニスに興味があり、
いずれテニスに飽き、その後はラジコンに興味が出たとき
それら興味の対象がなんであれ、あなたの中のワクワク感は同じものである。
つまり対象など必要ないのだ。あなたの中の感情が起こされる切っ掛けがほしいだけなのだ。

あなたの中にすべてある。

ではあなたが好ましいと感じる、いわゆるポジティブな感情を
自在に引き出せるようになれば、あなたは常に幸福の絶頂にいるだろう。
もちろん「趣味」といわれる外的要素など、なんの意味もないことに気付く。幻を見破っている。

あなたは何もせずとも、常にワクワクしているのだ。根拠という理由は必要ない。
さらに普段ネガティブと感じていた出来事に遭遇しても、それをワクワクが引き出される
トリガーにすることも容易なのである。

すべてあなたの中にあるのだ。高級外車も最高の異性も、リッチな暮らしも、
すべてあなたは持っているのだ。
その意味を今夜は解説していこう。


359 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:4cFYjsMb
高級外車が欲しいとして、それはどんな感情なのだろう?
最高の異性との永遠や切望する最高の暮らしが叶ったとして、それはどんな感情なのだろう。
その感情を仮に「A」とする。

前述したとおり、「A」はあなたが生み出す物だ。
外的要素は単にあなたの中にあるものを発生させる切っ掛けを与えるに過ぎない。
では高級外車も最高の異性も暮らしも、何の力もないことがわかる。
実際それらを手にしても、いずれ喪失への恐怖、飽き、さらなる渇望などの苦しみが生まれるだろう。
なぜならば、ただの「きっかけイベント」でしかないからだ。

ということは、あなたが自在に「A」を生み出すことができれば
結果的に、高級外車や最高の異性や暮らしを得ていることと同じ境地に立っていることになる。

さらに凄いことがわかってくる。
あなたの外部にあるすべてのものは、あなたの感情を起こす「きっかけイベント」なので
目の前のタンスも椅子も、鉛筆もテレビも通り過ぎる人々も雑誌の流行アイテムも
それらが何の力も持たない、つまり、それらは「ない」のだ。

なぜならば、あなたが何かを見たとき、触れたとき、聞いたとき
かならず心の中で何かが生み出されている。
その生み出した「それ」こそが、あなたが見た、触れた、聞いた、「それ」なのだ。

あなたが椅子に見えている、私はそれが鉛筆に見えているのだ。
実在は「それ」というコードがあるだけで
その解釈はあなたの中の翻訳機が行っている。

つまり「感情」があなたの世界を形成しているのだ。とてもリアルな話である。
すべて「A」にすればよい。


360 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:4cFYjsMb
物や出来事を認識する。
認識とは何か、それは感情である。

感情は波動である。
目では見えない。数値で表すこともできない。
内臓器官でもないが、あなたの中にある。常に生まれ、そして消えていく。

単に固いや冷たいを認識する小さな感情から
体を蝕むほどの病気を生む大きな感情まで
あなたは感情発生装置である。

感情に思考が含まれると、「苦」になる。
つまり冷たいものを感知したとき、
頭の思考で「うわ、冷たい物を触ってしまった!!凍傷になったらどうしよう!?これはまずい」
と妄想、つまり幻に幻を与えていく。
正直、これが必要ないものだ。

ただ感情だけでよい。それを思考につなげない。
感情を感知したその瞬間、昨夜も書いたが、あなたは快楽を得ている。
感じることのエクスタシーを得ているのだ。

だが、過去の経験や知識、自分を取り巻いていると思い込んでいる思考などで
その「エクスタシー」を途端に忘れ、妄想に走り出す。

すべて快楽なのだ。そこに気付きなさい。
先のレスでは、すべて「A」にしなさい、と書いたが
無理にAにするのではなく、そのエクスタシーの瞬間だけを捉えなさい。
すれば、すべて「A」になる。あなたの世界は極楽モードに切り替わる。



361 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:4cFYjsMb
メソッドを伝授しよう。私のオリジナルだ。

上司に嫌みを言われる、支払いの不安を感じる、異性に相手にされないなど
心で何かを感知したとき、「嗚呼、快楽~ エクスタシー」と心の中で常に唱えよ。
感知した瞬間が大切だ。

この呪文を唱えれば、その後になぜかいつも繋がっていく、思考の迷路に迷い込まない。
メソッドが習慣化してくれば、感知する瞬間のさらにド頭部分を捉えることができる。
そこまでくれば、呪文すら唱える必要もない。ただ快楽があるだけだ。

ネガティブもポジティブもない。ただエクスタシーがあるだけだ。
ネガやポジは、実は感知した後に思考が勝手に付けていただけのことであると
すぐに理解できる。

何を感知しても

「嗚呼、快楽~ エクスタシー」だ。


362 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:4cFYjsMb
すべてに感謝をしなさい。
すべてはあなたの中にある「感情」を生み出す切っ掛けの役割を持っている。
ただそれらに頼ってはいけない。
それは自分を外部に同一化することになる。永遠のゴールのない苦行が待っている。

あなたの頭の中のおしゃべり。
にぎやかな通りを歩けば、どれだけあなたの頭の中はおしゃべりを続ける?

おしゃべり=思考である。
思考のきっかけは、感情である。
感情は、あなたの中で生み出されるエクスタシー物質だ。

エクスタシーが発生した時点で感じきれば、その後の思考に繋がらない。

あなたが通りにぎやかな通りを歩けば、
エクスタシーを感じる切っ掛けが山ほど出てくる。
常に幸福、至福のまっただ中だ。

387 :エゴの申し子:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:Ay1r+UvK
自分さんの事すごく解るんだけどさ。
でもさ...、この考え方、サラリーマンしてたら無理だよね?
それもスパっと諦めれたらいいんだけど。

そしてひとつ、ひっかかるのが目的も趣味も諦めるなら、達観する前に鬱になりそうだ...。
一応、目標もって頑張れば失敗しても教訓として残るし、何より後悔しなくてすむ。
死ぬ間際、もしあれを死ぬ気でやってれば自分はああなってたかも...てのが
願望を叶えられなかった悔しさより遥かに悔しいと思うんだな。
それまでに自分さん程、達観できればいいけど。



388 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:uS+0Jmec
>>387
ふふふ。あなたは奥底ではわかっているのだろう。
つまり、その引っかかっているものを捨て去ればよい。

捨て去り、その後あなたの人生にどのような展開を見せても
それはそういうものなのだ。

あなたは「あのとき捨てたから、今があるんだ。」それが理解できるだろう。

つまり、あなたは「結果」に守られている。
あなたの大いなる自分、神、本来の自分、それはつまり結果の自分である。
以前にも書いたが未来から今を見据えなさい。
そうすれば、未来も今も過去も分け隔てるものの境界が消えていく。

サラリーマンで妻子を抱えて四苦八苦した生活を送っているのならば、
なぜ四苦八苦しているのだ?
それをやめてもいいし、続けてもいい。
あなたには、いわゆる「結果」があなたを守ってくれている。
それに気付きなさい。

20年前の少年時代を思い出しなさい。
受験やら進路やら、日常の出来事に対して悩みも不安もあっただろう。
何かを目指していただろう。
だが決して成功をおさめる必要などなかったと
いま、そこにいるあなたは知っている。

いまのあなたは、少年のあなたにとって「全知の神」である。


390 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:uS+0Jmec
>>389
パラレルワールドなど称される話のことだな。
そんなものはない。

あなたが進んだいまその場所がすべてだ。
あなたがそれ以外を選ぶことは、ありえない。
なぜなら、いまそこにいるからだ。


392 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:uS+0Jmec
一体どれだけの奇跡を起こしながら、
あなたはそこにいるのだろうか。

いまそこにいるのは、度重なる偶然の出来事の繰り返しだろう。
決断した判断により、たまたまそこまで行き着いたのだろう。

大きな抽象視野で見れば、つまり結果から見れば
奇跡も偶然もなく、必然だったことがわかる。

あなたが、7年と3ヶ月13日前の午後18時21分に、
あの道を歩き、名前も知らないおばさんとすれ違ったという出来事も
必然だったのだよ。

それら必然があるから、いまのあなたがそこにいる。

私の話、そして数あるスピリチュアル、仏教などは
あなた方が「当たり前」と思い込んでいるすべてを
ひっくり返すところからスタートする。

そうして初めて「気付く」のだ。


394 :エゴの申し子:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:Ay1r+UvK
>>388 
我はエゴの申し子なので失礼があれば申し訳ないので先に謝罪しておく。ごめんなさい。
未来から見据えるは納得だ。しかしそれは目的とどう違うんだ?
仮に幸せな家庭を夢みたとしよう。

その結果を想像すると、やるべき事、やった方がいいことは自然に見えてくる。
後は困難だが、実行に移すだけだ。結果を強く想像すると体が協力して勝手に動いてくれることもある。

あのとき捨てたから今が在る。それは逆にあの時、頑張りまくったから今が在るともいえる。
例えば、簡単とはいえない試験に受かったような時。実務や金銭面じゃ
全く役に立たなかったとしても「自信」という何より得難いものをえる。

こいつだけは言葉で言い聞かせるより一回きりでもいいから
頑張りまくって結果をだしたほうが圧倒的に早い。
役に立たない資格と違い、その「自信」は何にでも役に立ってくれる。
いわば人生のパスポートだ。

>>少年のあなたにとって「全知の神」だ。

その通りだ。歳をいけば忘れる知識ではなく経験による知恵が得れた。
それは執着もし頑張りまくって失敗し諦めた経験あってこそ、今が在ると思える。
我々は実は対なのではないか???


395 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:yGuXYTJz
>>394
あなたが自ら選び進んできたという「錯覚」を見抜きなさい。
上でも触れたが「度重なる偶然」がいまのあなたを、そこへ運んできた。
だがそれらは偶然ではなく必然である。

あなたが幸せな家庭を夢見るのであれば、そういうあなたがそこにいるだけだ。
あなたが世界に破滅をもたらせたいという思いを持っているならば
そういうあなたがそこにいるだけだ。

それらは、あなたをそこへ運ばせた「それ」が
あなたを形成していることになる。これも以前書いた通りだ。

では、あなたがいま望む「理想の世界」や
あなたが自負している「過去の経験による自信」は
誰が、あなたにそう思わせているのか。

それは過去のあなただ。

例として、昨日までのあなたをいまのあなたとは、別人として捉えてみなさい。
その別人が、今日のあなたに、その知識を教えてきたのだ。
それを鵜呑みにしているあなたが、いまそこにいる。

では実際のところ、あなたとは何なのか。
あなたの理想とはなんなのか。
あなたのこれまでに起こった成功や失敗は、果たして本当に成功や失敗だったのか。

すべては幻である。
あなたは「あなたの人生」という箱庭の中で、勝手に四苦八苦しているだけだ。
そこに答えを求めても、それはあなたが用意した答えがあるだけだ。
問いの時点で答えである。



396 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:yGuXYTJz
あなたの人生は、あなたそのものである。
つまりあなたが疑問を持ち、答えを求めても
あなた基準の納得した答えがやってくるだけである。

私があなたの納得のいかない答えを返したり
あなたに納得の行かない出来事が起こったり、

それらは、あなたにとって「納得のいかない」という存在である。
つまり棄却するだろう。それがあなたにとっての答えだ。

つまり、答えはあなたの中にある。


397 :自分 ◆3wwHKM8d6k :2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:yGuXYTJz
言い換えれば、答えなどないのだ。
「答え」という概念を勝手に作っているだけである。

あなたがルールであり、世界である。
あなたがOKとすればOKであり、好きとすれば好きなものなのだ。
すべてあなたの基準である。

前にも書いたが、エベレストに行こうが
深海に潜ろうが、常にあなたは「あなた」といる。

この非常にくだらない、実に単純なシステムに多くの人が気付かない。
すべて、あなたの中のお話なのだよ。この2ちゃんねるの書き込みもね。


             Sponsored Link
Sponsored Link