2012年2月20日月曜日

マネーゲーム脱出スレ 全記事リンク

【本書の重要項目】

【プロセス】と【ミニ・プロセス】
【第一段階】と【第二段階】
マネーゲーム本書より- その1
マネーゲーム本書より- その2



【著者ブログの日本語訳】 (」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!氏。

翻訳① 「どうしたら幸せになれるか」 part1
翻訳② 「どうしたら幸せになれるか」 part2
翻訳③ マインドマシーンと真の幸福の関係
翻訳④ 富、幸福、悟り、目覚めについて
翻訳⑤ 著者ロバートによるティーチングの概要
-書籍「The Ultimate Key to Happiness」-
翻訳⑥ The Ultimate Key to Happiness 「はじめに」
翻訳⑦ The Ultimate Key to Happiness 「幸福への究極の鍵」 01~03章
翻訳⑧ The Ultimate Key to Happiness 「幸福への究極の鍵」 04章
翻訳⑨ The Ultimate Key to Happiness 「幸福への究極の鍵」 05章
-書籍「成功+幸せを手に入れる21の原則」-
翻訳⑩ アーノルドパテント成功の法則 全21項目
翻訳⑪ アーノルドパテント成功の法則 P69-75 「気持ちをありのままに感じるエクササイズ」



【シンクロニシティの研究】 シンクロさん。

シンクロニシティの研究① 原因不明の難病が完治した
シンクロニシティの研究② 「プロセス」は苦しみの時間を短縮する裏技
シンクロニシティの研究③ 作者の設定を無視した漫画キャラの一人立ち
シンクロニシティの研究④ 「結果」が先にあり、「過程」が後から発生していく
シンクロニシティの研究⑤ 時間は未来から過去に向かって流れている
シンクロニシティの研究⑥ 強く心で感じるのが、発動のキー
シンクロニシティの研究⑦ 世界の全てが自分だという理解
その後
幻を超えて、好きなことをやりまくれ。勝手にお金はついてくる
どう思われても、どう評価されても、自分は好きなように生きる!
自我に実体は無い。「自分が」そうなりたい、を捨て去れば、すでに叶っていた



【プロセスをアレンジする】

力を戻す前に感謝をする、プロセスの自己流アレンジ
私は○○したくない 「ツンデレメソッド」
「ツンデレメソッド」 スレ住人がやってみた。
ツンデレメソッド 応用編
体感覚から感情にアクセスする 「ど~んメソッド」
視点の変更に関するプロセスの応用 (慣れた人向け)
感情と環境に交互に注意を向け替え、不快な感情の解放を図る 「UCP」
あるがままに対する抵抗を(想像で)中和する 「無駄と所有のProcess」
無意識にやっていることをコントロールできるようになる 「厄介事のProcess」
苦痛な出来事の始まりを明らかにし、苦の連鎖を断ち切る 「出来事処理のProcess」



【まとめ記事のリンク】

お金に関する「既に在る」の説明 - ザ・チケット板 108以外質疑応答【7】
3D動画で見ていた白い蝶が、突然目の前に現れた。
個の:フィーリングがあって、それが → 世界:ホログラムを作り出す
低下した視力もホログラム的幻想
プロセスを使って禁煙に成功した
あまりに怒らなすぎる矢作伝説
聖人と呼ばれるような人の状態
お金がないと嘆くのは、無力感を別の形で表してるだけじゃなかろうか
「死を覚悟する」と「今を生きる」は同じニュアンス
感じ切ることで、パターンが変わる。ホログラムは変化せざるを得なくなる

ホログラムの変化は、変化への欲求がないときに起きる。
一番欲しいものを妥協せず手に入れていく事が、本来の自分の表現
気に入るとか気に入らないとか、そういう心が引っかかる事が「執着」
ホログラムだから何をしてもいいと判断すれば、カルトが創造される
最初は大変だと感じても良い。プロセスを続けていればどんどん楽になる
自身の投影とされるホログラムを 高く評価したり感謝すればいい
プロセスって、自分の中の「嫌」の役目を終わらせること
怒りや悲しさを自分の外に放出するのではなく、自分の内側に戻す
抵抗を手放したときが一番スムーズにいく。まずはこれを幻想だと見抜くこと。
物事に反応しないことは、その循環を断ち切ることになる

成長だろうが努力だろうが、今の自分じゃない状態を望むのは自愛じゃない
「自分が世界を創っている」その腑に落ちた感覚に執着をしないこと
感情よりもその根っこの欲求を解放すると上手くいく
30分間に渡る激しいプロセスで、しつこい不快感から開放され、力を感じた
恐れではなく「恐れを感じている自分が嫌い」という事にプロセスする
プロセスする時に役に立ったフォーカシングのテクニック
幻想の世界を恐ろしく感じるのは、自分だけはリアルと思っているから
このホログラムは許せない、と頑張るから苦しい
常に感情メーターが喜びを指しているか確認しながら探求していく
あなたが腹が立つ出来事は、自分に対しても腹を立ててるということ
「フィールドの パターンに 力を加える」ってどういうこと?

自分に対する批判は、大量のエネルギーの流出と自己防衛意識を意味する
不安や恐怖という感情を味わい尽くすこと。押さえ込んでは効果が無い。
著者ブログより ~感情エネルギーとレッテル張りについて~
判断をしない判断に囚われすぎるな
条件付きの幸せは簡単に崩れる。「ただ居るだけで幸せ」を目指す
般若心経は、ビックリするほどマネゲ論。
気功の最大の極意 「私は気に満ち溢れている」
辛い幻想に絶望しているのなら、まずは怒れ!プロセスはそれからだ。
恋に堕ちて夢中になっても、無限のエネルギーとの繋がりを忘れないで
自分の中で 嫌いな人に対しての思い込みが変わったときに、赦せる

生きている事を楽しみ、ハートを活性化させ、願いを委ねる
悪人が悪い事をするのは、善なる事を気づかせるためなんじゃないか
現実は、今この瞬間に自分が知覚した部分しか創られていない
ピンチの時の永ちゃんが目覚めた「これは映画だ」という視点
世界は決まっていない。観測した時に決定する。
本来の自分を取り返したら、豊かさだけが欠けた状態でいることは不可能
カメラのシャッターを押した瞬間、自分の意識で全ての世界が創られている
ゼロポイントフィールドを常に感じて、好きなように生きていけばいい。
マネゲから脱出する為に仕事を辞め、海外にバックパッカーした人の記録
自分が嫌っている事=「悪」と判断していた心の動きに気付こう。

不幸なイメージが腑に落ちても、現象化の例外にフォーカスすれば大丈夫
欲求を手放すというのは、飢餓感を無くすということ
パテントの気持ちを感じるエクササイズ~感情と気持ちの違いについて
エイブラハムの感情スケールは、上の階層に行くほど思考が無くなる
「期待する」とは欠乏感の状態であり、ワクワクや充足とは違う
いらない観念なんて無い。全てが必要なもの。
自我モードと本来の自分モードの境界線は、次第に曖昧になっていく
好みの自分に「なる」前に、現在の自分を完全に肯定することが最大のミソ
元々ブ男だったのが、オナ禁でモテモテイケメンに変化した
頭の中がクリアになり、内なる声が届きやすくなる 「ニュース禁」

コントロールしようとすると、現実はよりうまくいかなくなる
「自分」が居なくなればループもヘチマもなくなり、問題は一発解決する
ゲームから抜け出るには、 何も求めずに単に「いまここ」に在ること
全ては起こるべく起こってきている。失敗というのは存在しない。
未来という闇の想像を手放せば、基になっていた過去のイメージも消える
マネゲ実践に大事なのは、「実際の(直接)経験」と「感情」
今までの人生からは ありえない展開で、若い女の子と×××な関係になった人の記録
今とは違うところへ行くのがいいんだという意図をはっきりと持つ
ホログラムのフィルムは、画像全体の全ての情報を包括して持っている
プロセスのコツ - 無意識に苦の感情を避けようとするエゴに気付け

エゴを消そうとする事は 影と闘うようなもので、勝つことはできない
イメージする事しかできない思考が見せるものは、全て幻想に過ぎない
願いを叶えるというのとは別に、ラッキーな偶然を起こすことができる
今ここにいる自分にはどんな事も人生もどうにも出来ない
生命は元々豊かだから「貧乏」という映画を選ばなければ、自然と豊かさの映画に変わる
何でもできる立場だと思えるのなら、別にそれほど何も欲しくないんだよ
この世界の物は、何ひとつ作ってない。ただ、『見つけた』だけ。
人間ゲームを楽しんでいるんだけど、ハンドルを握っていることまでは忘れない
振り子みたいに陰が膨らんだぶん、気づき(学び)も膨らんでいくんだよ


             Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿