2012年4月24日火曜日

抵抗を手放したときが一番スムーズにいく。まずはこれを幻想だと見抜くこと。




150 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/25(日) 06:27:56.99 ID:LjpBRNXB

商品代金を振り込んだのに連絡がない、モノも発送されない。
催促するが連絡がこない…ということがあり、プロセスをやっても不快感が消えない。
というか、諦めきれない執着心の方が勝ってしまう。

プロセスやめてホログラムの住人としてもっと具体的に働きかけないと納得できない。


158 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/25(日) 13:39:24.24 ID:Hn/IfLKf

>>150
プロセスやったらホログラムとして働きかけたり、執着したりは駄目って事ではないんじゃない?
金に関してプロセス使ったからって、よし、仕事辞めよう!とはならないでしょ
あれ、でもマネーゲームの本には仕事辞めたきゃ辞めろ、的なこと書いてあるんだっけw


159 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/25(日) 15:15:46.03 ID:LjpBRNXB

>>158
執着のような不快感がなくなるまでプロセスするんだったよね。
もうこれヤラレタかもしんない…って段階になったら手放せるかも。


221 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/27(火) 06:25:18.09 ID:UjNMZ2yN

>>150
ホログラムに働きかけて、相手に動いてもらい、商品は発送されました。
店の果たすべきサービスをしていないと怒り、胃が痛くもなりました。
ホログラムを変えようとすることって、こういうことなんだなと思いました。


222 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/27(火) 06:30:01.62 ID:UjNMZ2yN

ホログラムの世界で、私自身もお店に立つ人間です。
今回の経験で、客側の気持ちがよく分かりました。

注文すればその商品が届くのが当たり前と考えていたからです。
一方で、ある他者から見ればそんなお店を選んだ自身が悪いのだから諦めなさい。
商品はそのうち来るでしょうという見解でした。

私が働きかけた結果と思っていましたが、働きかける必要はなかったかもしれません。


223 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/27(火) 06:32:46.11 ID:UjNMZ2yN

ホログラムに働きかけて変えようとすることは、ストレス以外の何者でもない。
実際、現象は変わったかに見えて満足はしたけれど、
「酷い目に遭った」「もうあの店は利用しない」などいつまでも
手放すことをしないと、さらなる怒りを生んでしまうだろう。



224 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/27(火) 06:37:43.38 ID:UjNMZ2yN

ストレスの最中、自分の頭の中は相手のことでいっぱいになり、
かなりの力を相手に取られていた(自分が力を相手に明け渡していた)と思いました。
後付けですが、力を取り戻します。

そして、このリアルすぎたお店やさんゲームに感謝し、
多くの学びと気づきをもらった創造物たち(商品、お店、店長さん)に感謝したいと思います。


225 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/27(火) 06:42:49.08 ID:UjNMZ2yN

長きに渡り連投させてもらいましたm(_ _)m
一連の経験からプロセスの大切さは感じました(もっと早い段階から使いたかった)が、
その前にストレスを避けたい気持ちが強いです。

著者や著作の中の実践者のようにプロセスを使う場面に出くわしたいとは思えないです。


247 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2012/03/27(火) 17:45:32.10 ID:Abbda60l

>>225
お疲れ様でした。
理想的なプロセスですね。それに気付いたら次はもっともっとうまくいきますね。
あなたは誠実な方だ。もっと手放せる。

俺、前に事故ったことがあって、停止中に後ろからぶつけられたから、
明らかに10:0なんだけど、加害者とか保険会社とかといろいろとあって。

納得できないことが多くて、いろんな感情が出てきたけど、
許して、抵抗を手放したらすぐに思うようになった。
そのときはマネゲとか知らなかったけどね。

抵抗を手放したとき、一番スムーズにいく。
それにはまず、これを幻想だと見抜くこと。

そして、コントロールしないことが、結果に執着しないことが、
最終的には唯一、自らをコントロールできる道だね。


それを知識でなく、あなたのように、経験で得る、ことなんだよね。
これはお金を積んでも、いくら本を読んでも得られない貴重な経験で、
一生失われない宝物だね。おめでとう。


             Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿